へっぽこ・エンジニアのブログ

知らぬ間に3年が経ち、残業100時間や徹夜、プレッシャーに震える 色々etc....  結局プログラミングできないエンジニアになってしまった。そんなエンジニアのリハビリブログ

C#エンジニアが、Java入門書を読みました。

 転職が決まり、次はJavaということで久々に初心者の本を読み始めました。

20時以降も残業が続き3日予定、一週間読むのにかかりました。

 

数年間C#やっていたので、内容的には殆ど知っていてJavaってこうなんだという程度にしか役には立たなかったのですが、分かりやすい本だと思います。

 

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

 

 

最初に、開発環境を作らないといけない入門書が多い中、ブラウザ上でコンパイルや実行できるというのは初心者にはとてもよさそうだなと感じました。

 

Dokojava

 

しかし、発売日が2014年ということからiOSの新しいバージョンでは動きません。

 

そこで私は、Dokojavaが動かないスマホでは下記を使用していました。(有料)

Pico Compiler Pro - Javaコンパイラー

Pico Compiler Pro - Javaコンパイラー

  • Marcin Olawski
  • 教育
  • ¥360

 

paizaとか、他のアプリを試したのですが今のところこれが一番スマホで使いやすかったです。(他に何かあれば教えてください)

 

正直、自宅にeclipsを入れる方が全然コーディングしやすいですけどね

 

「すっきり分かるJava入門」の中身としては、

初歩的な前半と、中盤は殆どオブジェクト指向とは何かその記述方法、そして後半は補足でした。

また、JDKServletに関しては別紙を購入してねという感じです。

 

5年前にJavaの初心者が読む本を読んでいた時は、全然オブジェクト指向に関する記述がなく、テクニック系をひたする詰め込む感じだったのでとても新鮮でした。

 

テクニック系は検索すればでてくるので、この本は考え方を学べるのでなかなか良いと思われれマス。

 

日付の操作については、余り書かれていなかったので、下記キータを読み補うことが必要そうです。(他もそうですがとりあえずこれのみ添付)

 

qiita.com

 

とりあえずJavaSilver とってみるか・・・・

「これからのSIerの話をしよう エンジニアの働き方改革」を読み、自分を見つめなおさないといけないと感じました

先輩の勧めで、「これからのSIerの話をしよう エンジニアの働き方改革」を読み始めました。

 

 Kindle Unlimited に入っていることもあり、無料で読めたので一気に一日で読みました。

 

本の概要としては、

 

前半はSIerという会社の問題点や改善方法(会社)

後半はSIerに勤めているあなたへの問題点や改善方法(個人)

 

が記載されていました。

 

SESの会社に勤めているため、書いていることはすべてまさにその通りで驚きました。

 

正直、前半の箇所は「目標管理シート」「勉強会」以外は自社サービスの人には役に立たないかもしれません。(常駐する協力社員がいるとかであれば、内情が分かりかなり良いです。)

 

後半の箇所は、オススメです。

特に作者が転職してから、どうやって独立するかを計画を立てて行っている。

これはとても参考になり早速自分も計画をし始めました。

 

著者の人の会社って、オブジェクトブラウザの会社だったんですね。

一時期使っていたことがあったのでとてもお世話になりました。

 

SESに勤めている人だったら、一度読んでみるのをオススメします。

これを読むと明日から会社を改善したくなるでしょう。

転職活動始めました!

転職活動始めました。

 

まず、何をやるかわからず転職した友人にリクルーターを紹介してもらいました。

土日にリクルーターと面談を行い、サイトに登録......

 

履歴書の写真・・・ カメラのキタムラで撮った! エクセルに張り付けるために、CDにしてもらったのだが、後々普通の証明写真機のQRコードでそういうことできるんだね

 

よし、福利厚生の良い企業を!と速攻で書類で落ちましたww

 

それでも書類通ったところがあるので、面接行ってきます。

 

それにしても、紹介される求人が多すぎて選別するのが面倒になってきました。

辞退ボタンを押すのがとてもメンドイです。AIがやってくれないかな

 

 

「とりあえず3年」プログラマ・SEとして過ごした感想

新卒入社して「とりあえず3年」と言うのはどこの広告会社が広めたのか分からないがよく言われる言葉だ。

 

実際プログラマ・SEとして3年たったので個人的な意見をまとめてみた。

良い点

  • ご飯も食べられ、3年間生きてこられた
  • 他の業界の話を聞くと仕事ができている感じがする
  • 会社に慣れた

悪い点

  • 慣れや仕事の忙しさで、年々スキルを上げる気持ちや自己学習の意欲が下がった
  • 他の業界の話を聞くと金が薄い感じがする
  • 一年目よりも将来が不安になる

とりあえず3年の感想

開発中心の会社でこれからバリバリプログラミングができると入社したが、蓋を開けてみたらテスト・資料作り・中間管理職のようなやり取り、絶対ならないと考えていたプログラミングをしないエンジニアに自分がなっていた。

 

なりたい自分に慣れるように努力が足りてなかったのか、ただ運が悪かったのだろうなと。。。。