へっぽこ・エンジニアのブログ

知らぬ間に3年が経ち、残業100時間や徹夜、プレッシャーに震える 色々etc....  結局プログラミングできないエンジニアになってしまった。そんなエンジニアのリハビリブログ

「とりあえず3年」プログラマ・SEとして過ごした感想

新卒入社して「とりあえず3年」と言うのはどこの広告会社が広めたのか分からないがよく言われる言葉だ。

 

実際プログラマ・SEとして3年たったので個人的な意見をまとめてみた。

良い点

  • ご飯も食べられ、3年間生きてこられた
  • 他の業界の話を聞くと仕事ができている感じがする
  • 会社に慣れた

悪い点

  • 慣れや仕事の忙しさで、年々スキルを上げる気持ちや自己学習の意欲が下がった
  • 他の業界の話を聞くと金が薄い感じがする
  • 一年目よりも将来が不安になる

とりあえず3年の感想

開発中心の会社でこれからバリバリプログラミングができると入社したが、蓋を開けてみたらテスト・資料作り・中間管理職のようなやり取り、絶対ならないと考えていたプログラミングをしないエンジニアに自分がなっていた。

 

なりたい自分に慣れるように努力が足りてなかったのか、ただ運が悪かったのだろうなと。。。。